アルツハイマー病とは?

認知症の患者さんは、増加傾向にあります。日本では、65歳以上の高齢者の15%が認知症である(2012年段階)と推計されました。65歳以上の4人に1人が認知症かその予備軍という割合です。その最も大きな原因とされているのが、アルツハイマー病です。

原因はいまだ解明されていませんが、アルツハイマー病にかかると記憶障害などの認知障害が起こることがわかっています。記憶の異常、言語能力や判断力の低下、といったことです。

体は元気な人では徘徊などの問題行動が起こり、介護する家族はヘトヘトになってしまいます。精神症状も起こり、うつ病になったり、性格が変わる、意識混濁する、幻覚を見る、妄想が起こる、などが起こります。

次第に自分がどこにいるのかもわからなくなったり、目の前にいるのが誰なのかもわからなくなっていきます。そのまま寝たきりになって、食事が食べられなくて亡くなるケースも少なくありません。人格が変わり、知性が失われ、しかも現段階では治すことが非常に難しいと言われています。

アルツハイマー病には薬があります。名医と呼ばれる人たちは、これらの薬についてもよく研究しています。しかし、名医でもそれは症状改善に使うだけで、完治させるために用いるわけではありません。

専門の医師であってもアルツハイマー病は診断が難しく、認知症がかなり進行しないと診断できないケースが多いです。そもそも、アルツハイマー病なのか、それとも他の病気なのかの鑑別が難しいというのが実態です。

少しでも早期に正確な診断を受けるためには、名医の診断を受けることが役立ちます。

アルツハイマー病は、一部のタイプを除くと、最大のリスク因子は加齢と考えられています。歳をとることはは抗えない運命ですが、対策や予防としてできることは色々あります。また、たとえアルツハイマー病になってしまったとしても、名医であれば症状の進行を抑えられる可能性が高くなります。

最近では、名医たちの研究によって糖尿病と認知症の関係も少しずつ解明されてきました。アルツハイマー病はとても複雑な病気で、なぜ起こるのか、どうすれば治るのか、がはっきりわかっていません。まずはこの病気についてわかっていること、わかっていないことをはっきりさせてから、何をすべきなのかを考えていくことが大切です。

前兆に気づき、少しでも早く対策を打てるようにアルツハイマー病について理解しておくことが望ましいです。